日経メディカルのロゴ画像

既治療の進行TNBCでペムブロリズマブは化学療法に比べOSの有意な改善はないがPD-L1高発現では延長傾向【ESMO2019】

2019/09/29
八倉巻尚子=医学ライター
既治療の進行TNBCでペムブロリズマブは化学療法に比べOSの有意な改善はないがPD-L1高発現では延長傾向【ESMO2019】の画像

 既治療の進行トリプルネガティブ(TNBC)乳癌に対し、抗PD-1抗体ペムブロリズマブの単剤投与は、医師が選択した化学療法に比べて、全生存期間(OS)を有意に延長しなかったことが、無作為化フェーズ3試験KEYNOTE-119で明らかになった。しかしPD-L1高発現の患者では効果が得られる傾向が示された。9月27日から10月1日までスペイン・バルセロナで開催されている欧州臨床腫瘍学会(ESMO2019)で、スペインVall d’Hebron Institute of OncologyのJavier Cortes氏らが発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ