日経メディカルのロゴ画像

新規mHNPCに対しドセタキセル+ADTは腫瘍量に関わらずOSと治療成功期間を延長【ESMO2019】

2019/09/28
森下紀代美=医学ライター
新規mHNPCに対しドセタキセル+ADTは腫瘍量に関わらずOSと治療成功期間を延長【ESMO2019】の画像

 新規に診断された転移を有するホルモン療法未治療の前立腺癌(mHNPC)患者に対し、ドセタキセルとアンドロゲン除去療法(ADT)の併用は、ADTのみと比べて、腫瘍量に関わらず、全生存期間(OS)と治療成功期間(FFS)を延長することが、ランダム化比較試験STAMPEDEの長期追跡結果からわかった。9月27日から10月1日までスペイン・バルセロナで開催されている欧州臨床腫瘍学会(ESMO2019)で、英Queen Elizabeth-University Hospital Birmingham NHS Foundation TrustのNick James氏が発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ