中外製薬は9月20日、PD-L1陽性HER2陰性の進行トリプルネガティブ乳癌の1次治療として、抗PD-L1抗体アテゾリズマブが承認されたと発表した。また、乳癌における用法・用量が840mgの2週間間隔投与であることから、840mg製剤の剤形追加の承認も獲得した。

PD-L1陽性進行トリプルネガティブ乳癌の1次治療としてアテゾリズマブが承認の画像

ログインして全文を読む