PD-L1発現陰性の進行非小細胞肺癌(NSCLC)患者に対する1次治療として、抗PD-1抗体ペムブロリズマブと化学療法の併用は、化学療法のみよりも有効で安全性も受容可能であることが明らかとなった。3件の臨床試験の事後プール解析の結果示された。9月7日から10日までスペイン・バルセロナで開催されたIASLC 20th World conference on Lung Cancer(WCLC2019)で、米Fox Chase Cancer CenterのHossein Borghaei氏によって発表された。

PD-L1の発現が1%未満の進行NSCLCの1次治療でペムブロリズマブと化学療法の併用は化学療法のみより有効【WCLC2019】の画像

ログインして全文を読む