進行非小細胞肺癌(NSCLC)において、遺伝子の層別化によって分子標的薬の有用性が得られることが、大規模なアンブレラ型のフェーズ2試験National Lung Matrix Trial (NLMT)で明らかになった 。9月7日から10日までスペイン・バルセロナで開催されているIASLC 20th World conference on Lung Cancer(WCLC2019)で、英国University of BirminghamのGary Middleton氏らが発表した。

非小細胞肺癌の大規模プレシジョンメディスン試験で成果【WCLC2019】の画像

ログインして全文を読む