英AstraZeneca社は8月9日、未治療のEGFR変異陽性進行非小細胞癌を対象にしたフェーズ3試験であるFLAURA試験の結果、第3世代EGFR-TKIオシメルチニブを投与した群が、対照群である第1世代EGFR-TKI(ゲフィチニブまたはエルロチニブ)を投与した群よりも有意に全生存期間(OS)を延長することが示されたと発表した。

オシメルチニブがEGFR変異陽性肺癌の1次治療でOSを有意に延長の画像

ログインして全文を読む