ドイツBayer社は7月31日、新規経口アンドロゲン受容体阻害薬darolutamideについて、非転移性去勢抵抗性前立腺癌(nmCRPC)を対象に米食品医薬品局(FDA)から承認を獲得したと発表した。

新規経口アンドロゲン受容体阻害薬darolutamideが非転移性去勢抵抗性前立腺癌を対象に米国で承認の画像

ログインして全文を読む