アステラス製薬は7月30日、経口アンドロゲン受容体(AR)阻害薬エンザルタミドについて、転移性ホルモン感受性前立腺癌(mHSPC)への適応拡大申請を厚生労働省に行ったと発表した。

エンザルタミドが転移性ホルモン感受性前立腺癌への適応拡大を申請の画像

ログインして全文を読む