アステラス製薬は7月17日、ネクチン-4を標的とした抗体-薬物複合体enfortumab vedotinについて、術前または術後の補助化学療法、あるいは局所進行または転移した状態で、白金製剤およびPD-1またはPD-L1阻害薬による治療歴のある局所進行または転移性尿路上皮がん患者を対象に、米食品医薬品局(FDA)に申請したと発表した。

ネクチン-4を標的とした抗体-薬物複合体enfortumab vedotinが米国で尿路上皮癌を対象に申請の画像

ログインして全文を読む