進行大腸癌に対して、FOLFOXIRI+ベバシズマブを1次治療とし増悪後に再導入する方法は、原発巣が右側かつ/またはRAS遺伝子かBRAF遺伝子が変異型でECOG PS 0の患者で効果が高い可能性が明らかとなった。FOLFOXIRI+ベバシズマブを1次治療とし増悪後に再導入する場合の方が、FOLFOX+ベバシズマブを1次治療として増悪後にFOLFIRI+ベバシズマブを投与する場合よりも死亡または2度目の増悪までの期間(PFS2)が延長できることを示したフェーズ3試験、TRIBE2のサブグループ解析の結果から明らかとなった。

進行大腸癌へのFOLFOXIRI+ベバシズマブは原発巣右側かつ/またはRASかBRAF変異型でPS0で高い効果【WCGC2019】の画像

ログインして全文を読む