難治性進行大腸癌に対して、TAS-102(FTD/TPI)にベバシズマブを追加すると、TAS-102のみの場合よりも有効である可能性が明らかとなった。オランダで行われた医師主導無作為化試験であるDanish Lonsurf試験の結果、ベバシズマブの投与歴の有無に関わらず、無増悪生存期間(PFS)と全生存期間(OS)が併用した群で延長することが示されたもの。

難治性進行大腸癌にTAS-102とベバシズマブの併用はTAS-102のみより有効な可能性、オランダの試験【WCGC2019】の画像

ログインして全文を読む