HER2変異を有する胆道癌にneratinibが有効である可能性が明らかとなった。HER2変異を有する8種類の固形癌を対象にneratinib単剤または他の薬剤の有効性を評価するバスケット型フェーズ2試験であるSUMMIT試験の結果、胆道癌コホートでneratinib単剤が有効な患者が認められた。7月3日から6日までスペイン・バルセロナで開催されているthe ESMO World Congress on Gastrointestinal Cancer 2019(WCGC2019)で、 米Memorial Sloan Kettering Cancer CenterのJames Harding氏が発表した。

HER2変異を有する胆道癌にneratinibが有効である可能性【WCGC2019】の画像

ログインして全文を読む