英AstraZeneca社は6月15日、再発、難治性の慢性リンパ性白血病(CLL)に対するBTK阻害薬acalabrutinibの単剤投与が、医師選択治療(リツキシマブ+idelalisibまたはリツキシマブ+ベンダムスチン)よりも有意に無増悪生存期間(PFS)を延長したフェーズ3試験ASCEND(ACE-CL-309)の結果が、欧州血液学会(EHA2019)で発表されたことを公表した。acalabrutinibは死亡または増悪のリスクを69%減少させていた。また12カ月時点で無増悪だった患者は、acalabrutinib群の88%だった。

acalabrutinibは再発、難治性CLLの増悪、死亡リスクを既存治療より69%低減の画像

ログインして全文を読む