ER陽性転移性乳癌において、アロマターゼ阻害薬(AI)で増悪した患者もしくはAIによる術後治療後に再発した患者に、汎AKT阻害薬であるcapivasertib(AZD5363)とフルベストラントの併用は、プラセボとフルベストラント併用に比べて生存を改善することが、ランダム化フェーズ2試験FAKTIONで明らかになった。英国University of ManchesterのSacha J Howell氏らが、5月31日から6月4日まで米国シカゴで開催された米国臨床腫瘍学会(ASCO2019)で発表した。

内分泌療法抵抗性のER陽性転移性乳癌に汎AKT阻害薬capivasertibとフルベストラントの併用は有効【ASCO2019】の画像

ログインして全文を読む