ベースラインの循環腫瘍細胞数が3個以上の進行大腸癌に対する1次治療として、FOLFOXIRI+ベバシズマブはFOLFOX+ベバシズマブよりも有効なことが明らかとなった。両レジメンを比較したフェーズ3試験VISNU-1の結果、FOLFOXIRI+ベバシズマブ群が無増悪生存期間(PFS)を有意に改善し、全生存期間(OS)についても良好な傾向が得られた。5月31日から6月4日まで米国シカゴで開催されている米国臨床腫瘍学会(ASCO2019)で、スペインHospital Clinico San CarlosのJavier Sastre氏によって発表された。

循環腫瘍細胞数が3個以上の進行大腸癌の1次治療はFOLFOXIRI+ベバシズマブがFOLFOX+ベバシズマブより有効【ASCO2019】の画像

ログインして全文を読む