日経メディカルのロゴ画像

Curebest 95 GC Breastが中間再発スコアの乳癌患者の再発リスクを予測できる可能性【ASCO2019】

2019/06/04
森下紀代美=医学ライター
Curebest 95 GC Breastが中間再発スコアの乳癌患者の再発リスクを予測できる可能性【ASCO2019】の画像

 早期乳癌の再発リスクを判定する遺伝子検査であるCurebest 95GC Breast(95GC)が、エストロゲン受容体(ER)陽性、HER2陰性、腋窩リンパ節転移陰性の浸潤性乳癌で中間再発スコアの患者の再発リスクを予測できると考えられることが、米国と日本での検討からわかった。日本で開発された95GCが今回米国で初めて検証された。5月31日から6月4日までシカゴで開催されている米国臨床腫瘍学会(ASCO2019)で、米The University of Texas MD Anderson Cancer Centerの藤井健夫氏が発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ