日経メディカルのロゴ画像

進行胃癌1次治療でのペムブロリズマブは単剤療法の標準化学療法へのOSの非劣性のみ評価項目を達成、KEYNOTE-062【ASCO2019】

進行胃癌1次治療でのペムブロリズマブは単剤療法の標準化学療法へのOSの非劣性のみ評価項目を達成、KEYNOTE-062【ASCO2019】の画像

 進行胃・胃食道接合部腺癌に対する1次治療としての抗PD-1抗体ペムブロリズマブの単剤療法は、標準化学療法に対して、PD-L1陽性(Combined Positive Score [CPS]1以上)の患者で全生存期間(OS)について非劣性であることが証明された。一方、ペムブロリズマブと化学療法の併用は、化学療法とプラセボ投与に対してCPS1以上、CPS10以上のどちらの患者でもOSで優越性を示せず、無増悪生存期間(PFS)についても、CPS1以上の患者で優越性を示せなかった。

この記事を読んでいる人におすすめ