完全切除ステージ2-3A非扁平上皮非小細胞肺癌の術後化学療法として、標準治療であるビノレルビン+シスプラチンに対するペメトレキセド+シスプラチンの優越性は示されなかったが、同程度の有効性とより良好な忍容性を示すことが、ランダム化フェーズ3試験JIPANGで明らかになった。静岡がんセンター呼吸器内科の釼持広知氏らが、5月31日から6月4日まで米国シカゴで開催されている米国臨床腫瘍学会(ASCO2019)で発表した。

非扁平上皮非小細胞肺癌の術後化学療法にペメトレキセド+シスプラチンはビノレルビン+シスプラチンと同程度の有効性【ASCO2019】の画像

ログインして全文を読む