進行大腸癌に対して、FOLFOXIRI+ベバシズマブを1次治療とし増悪後に再導入する方が、FOLFOX+ベバシズマブを1次治療として増悪後にFOLFIRI+ベバシズマブを投与する場合よりも全生存期間(OS)が延長できることが明らかとなった。2つの方法を比較したフェーズ3試験TRIBE2のアップデートの結果示された。その他複数の評価項目で、FOLFOXIRI+ベバシズマブ投与が有意に良い結果を示した。

進行大腸癌の1次治療と2次治療で3剤併用+ベバシズマブは2剤併用+ベバシズマブよりOSが延長【ASCO2019】の画像

ログインして全文を読む