次世代シーケンサー(NGS)でHER2増幅が示された唾液腺癌に、トラスツズマブ エムタンシン(T-DM1)が有効であることが、バスケット型フェーズ2試験で明らかになった。米国Memorial Sloan Kettering Cancer CenterのBob T. Li氏らが、5月31日から6月4日まで米国シカゴで開催されている米国臨床腫瘍学会(ASCO2019)で発表した。

HER2増幅の唾液腺癌にT-DM1が有効な可能性【ASCO2019】の画像

ログインして全文を読む