去勢感受性で転移を有する前立腺癌(mCSPC)に対して、アンドロゲン除去療法(ADT)に加えて選択的アンドロゲン受容体阻害薬のアパルタミドを投与することで、画像学的な無増悪生存期間(rPFS)と全生存期間(OS)を有意に延長できることが明らかとなった。多量の癌を持つ患者、少量の癌を持つ患者、ドセタキセルの治療歴を持つ患者を含む、mCSPC患者を対象に行われたフェーズ3試験であるTITAN試験の結果示された。安全性についても忍容性が認められた。

去勢感受性で転移を有する前立腺癌へのADT+アパルタミドは無増悪生存期間と全生存期間を延長【ASCO2019】の画像

ログインして全文を読む