米食品医薬品局(FDA)は5月10日、抗VEGF-R2抗体ラムシルマブを、ソラフェニブ既治療でαフェトプロテインが400ng/mL以上の進行肝細胞癌に対して承認した。

ラムシルマブが米国で肝細胞癌を対象に承認の画像

ログインして全文を読む