第一三共とアストラゼネカは5月8日、HER2陽性の再発・転移性乳癌患者を対象にした抗HER2抗体-薬物複合体製剤トラスツズマブ デルクステカン(DS-8201)のフェーズ2試験(DESTINY-Breast01)で、臨床的意義のある効果が示されたと発表した。具体的な奏効率は明らかにしていないが、2019年4月のThe Lancet Oncolog誌で発表された日米共同フェーズ1試験の結果(奏効率が59.5%)と同様の傾向としており、目標としていた50%を超えた模様だ。

HER2陽性の再発・転移性乳癌にDS-8201が良好な効果、今年度下半期に国内申請への画像

ログインして全文を読む