再発リスク高あるいは中程度のエストロゲン受容体(ER)陽性/HER2陰性乳癌に対する術後補助療法として、術後内分泌療法とS-1の併用が術後内分泌療法単独よりも浸潤性疾患のない生存期間(iDFS)を有意に延長できることが明らかとなった。無作為化比較フェーズ3試験POTENTの独立データモニタリング委員会にによる中間解析で、iDFSについて事前に設定した有効中止の基準に合致したことから、試験が中止されることになった。京都大学がこのほど公表した。

再発リスク高あるいは中程度のER陽性かつHER2陰性乳癌の術後補助療法としてホルモン療法とS-1の併用がホルモン療法単独よりも有効の画像

ログインして全文を読む