局所進行切除不能の3期非小細胞肺癌(NSCLC)において、同時化学放射線療法後デュルバルマブを投与した場合とプラセボを投与した場合の患者報告アウトカムの変化は、PD-L1の発現で分けたサブグループのいずれにおいてもITTと同様なことが明らかとなった。フェーズ3試験PACIFICの事後解析の結果示された。

3期NSCLCへのデュルバルマブ投与とプラセボ投与での患者報告アウトカムの差はPD-L1の発現に関係なし【ELCC2019】の画像

ログインして全文を読む