日経メディカルのロゴ画像

3期NSCLCへのデュルバルマブのOS延長効果は次治療での免疫チェックポイント阻害薬の影響を除いても確認【ELCC2019】

3期NSCLCへのデュルバルマブのOS延長効果は次治療での免疫チェックポイント阻害薬の影響を除いても確認【ELCC2019】の画像

 抗PD-L1抗体デュルバルマブを局所進行切除不能(3期)の非小細胞肺癌(NSCLC)患者に投与することで、有意に全生存期間(OS)を延長する効果は、次治療における免疫チェックポイント阻害薬の影響を排除しても認められることが明らかとなった。3期NSCLC患者で、化学放射線療法(CRT)後にデュルバルマブを投与する群とプラセボを投与する群を比較したフェーズ3試験PACIFICの結果について、クロスオーバーがなかった場合の治療効果の推定を行うRPSFT(rank preserving structural failure time)法を用いて、次治療での免疫チェックポイント阻害薬のOSへの影響を探索的に評価した結果、示されたもの。

この記事を読んでいる人におすすめ