ヤンセンファーマは4月5日、ヒト抗CD38抗体ダラツムマブについて、未治療を含む多発性骨髄腫を対象にレナリドミドおよびデキサメタゾンとの併用投与(DRd)の適応拡大申請を行ったと発表した。

DRd療法が未治療含む多発性骨髄腫を対象に申請の画像

ログインして全文を読む