標準的な手術や化学療法が適さない食道癌患者に、放射線療法と腫瘍選択的融解ウイルス製剤テロメライシン(OBP-301)の併用療法が有用である可能性が明らかとなった。フェーズ1試験で忍容性と抗腫瘍効果が確認された。3月29日から4月3日まで米アトランタで開催されているAmerican Association for Cancer Research(AACR2019)で、岡山大学の藤原俊義氏によって発表された。

手術や化学療法が適さない食道癌に放射線療法と腫瘍融解ウイルスOBP-301の併用が有用な可能性【AACR2019】の画像

ログインして全文を読む