再発・難治性の辺縁帯リンパ腫(MZL)に、PI3Kδ阻害薬umbralisibが有効である可能性が明らかとなった。多施設オープンラベルフェーズ2b試験UNITY-NHLの中間解析で、高い抗腫瘍効果と持続的な効果が認められた。3月29日から4月3日まで米アトランタで開催されているAmerican Association for Cancer Research(AACR2019)で、米MD Anderson Cancer CenterのNathan H. Fowler氏によって発表された。

再発・難治性の辺縁帯リンパ腫にPI3Kδ阻害薬umbralisibが有効な可能性【AACR2019】の画像

ログインして全文を読む