2ライン以上の治療歴を有する進行小細胞肺癌(SCLC)に、抗PD-1抗体ペムブロリズマブの単剤投与が有効である可能性が明らかとなった。2件の多コホート型臨床試験の結果を探索的にプール解析したところ、2ライン以上の治療歴を有するSCLC患者で有望な抗腫瘍効果と持続的な効果が認められた。3月29日から4月3日まで米アトランタで開催されているAmerican Association for Cancer Research(AACR2019)で、韓国Yonsei University College of MedicineのHyun Choel Chung氏が発表した。

2ライン以上の治療歴を持つSCLCにペムブロリズマブの単剤投与が有望【AACR2019】の画像

ログインして全文を読む