進行非扁平上皮非小細胞肺癌(NSCLC)に対する1次治療として、化学療法(ペメトレキセドとシスプラチンまたはカルボプラチン)と抗PD-1抗体ペムブロリズマブの併用療法が化学療法のみよりも全生存期間(OS)と無増悪生存期間(PFS)を改善することは、脳転移、肝転移の有無に関わらず認められることが明らかとなった。無作為化二重盲検プラセボ対照フェーズ3試験KEYNOTE-189のアップデート解析で、レトロスペクテイブにベースラインでの脳転移の有無、肝転移の有無で分けて調べた結果示された。

進行非扁平NSCLCの1次治療での化学療法とペムブロリズマブ併用の有効性は肝、脳転移の有無に関係なし【AACR2019】の画像

ログインして全文を読む