日経メディカルのロゴ画像

高グレード神経内分泌腫瘍にイピリムマブとニボルマブの併用が有効な可能性【AACR2019】

高グレード神経内分泌腫瘍にイピリムマブとニボルマブの併用が有効な可能性【AACR2019】の画像

 高グレード神経内分泌腫瘍(NET)に抗CTLA-4抗体イピリムマブと抗PD-1抗体ニボルマブの併用が有効な可能性が明らかとなった。フェーズ2試験SWOG 1609 DARTの結果、有望な抗腫瘍効果が認められた。3月29日から4月3日まで米アトランタで開催されているAmerican Association for Cancer Research(AACR2019)で、米University of California San Diego School of MedicineのSndip Patel氏が発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ