EGFR変異陽性の進行非小細胞肺癌(NSCLC)で既存のEGFR-TKIに抵抗性となったMET遺伝子の増幅がある患者に、第3世代EGFR-TKIであるオシメルチニブとMET阻害薬savolitinibを投与することが有効である可能性が明らかとなった。オープンラベル多施設フェーズ1b試験TATTONの2つの拡大コホートの中間解析で臨床効果が確認された。3月29日から4月3日まで米アトランタで開催されているAmerican Association for Cancer Research(AACR2019)で、米Massachusetts General Hospital Cancer CenterのLecia V. Sequist氏らが発表した。

既存のEGFR-TKIに抵抗性でMET増幅のあるEGFR変異陽性NSCLCにオシメルチニブとsavolitinibの併用が有効な可能性【AACR2019】の画像

ログインして全文を読む