ヤンセンファーマは3月26日、新規経口アンドロゲン受容体シグナル伝達阻害薬であるアパルタミドについて、遠隔転移を有しない去勢抵抗性前立腺癌(nmCRPC)を対象に製造販売承認を厚生労働省から取得したと発表した。

遠隔転移を有しない去勢抵抗性前立腺癌を対象にアパルタミドが承認の画像

ログインして全文を読む