日本胃癌学会は、進行・再発胃癌に対するペムブロリズマブ単剤療法に関する胃癌治療ガイドライン速報版をホームページ上に公開した。ペムブロリズマブは2018年12月21日に、がん化学療法後に増悪した進行・再発の高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-High)を有する固形癌(標準的な治療が困難な場合に限る)を対象に承認を獲得、これにより進行・再発胃癌、胃食道接合部癌も適応症となっていた。

日本胃癌学会がMSI-High胃癌へのペムブロリズマブ単剤療法に関する速報版をホームページ上で公開の画像

ログインして全文を読む