中外製薬は3月15日、ROS1/TRK阻害薬エヌトレクチニブについて、ROS1融合遺伝子陽性の局所進行または転移性非小細胞肺癌を対象に製造販売承認申請を厚生労働省に行ったと発表した。エヌトレクチニブは、2018年12月にNTRK融合遺伝子陽性の局所進行または転移性固形癌を対象に申請されており、2つ目の適応症になる。

エヌトレクチニブがROS1融合遺伝子陽性非小細胞肺癌を対象に申請の画像

ログインして全文を読む