日経メディカルのロゴ画像

転移リスクが高いnmCRPC患者にADTへのdarolutamide追加は安全性が高く有効性も示す【ASCO GU2019】

転移リスクが高いnmCRPC患者にADTへのdarolutamide追加は安全性が高く有効性も示す【ASCO GU2019】の画像

 転移リスクが高い非転移性の去勢抵抗性前立腺癌(nmCRPC)に、アンドロゲン除去療法(ADT)に加えて、新規経口アンドロゲン受容体阻害薬darolutamideを投与することが有効であることが明らかとなった。多施設共同二重盲検プラセボ対照ランダム化フェーズ3試験ARAMISの結果、ADT+darolutamide投与は薬剤関連副作用の発現が少なく、ADT+プラセボ投与よりも有意に無転移生存期間(MFS)を延長できることが示された。

この記事を読んでいる人におすすめ