日経メディカルのロゴ画像

転移性ホルモン感受性前立腺癌にアパルタミドとアンドロゲン除去療法の併用が有効

転移性ホルモン感受性前立腺癌にアパルタミドとアンドロゲン除去療法の併用が有効の画像

 転移性ホルモン感受性前立腺癌(mHSPC)患者を対象に、アンドロゲン受容体阻害薬アパルタミとアンドロゲン除去療法(ADT)の併用を評価するフェーズ3試験TITANで、2つの主要評価項目が達成された。その結果を受けて、TITAN試験の盲検解除を行うことをヤンセンファーマがこのほど発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ