国立がん研究センター中央病院は2月4日、MDM2増幅を有する内膜肉腫を対象に、新規MDM2阻害薬DS-3032bの有効性と安全性を評価する医師主導治験を開始したと発表した。内膜肉腫に対する薬剤開発を目的とした臨床試験は今までなく、内膜肉腫に発現するMDM2を標的とした世界初の医師主導治験になる。

国がん中央がMDM2増幅を有する内膜肉腫を対象にMDM2阻害薬DS-3032bの医師主導治験を開始の画像

ログインして全文を読む