アジア人の既治療進行胆道癌患者への抗PD-L1抗体デュルバルマブの単剤投与または抗CTLA-4抗体tremelimumabとの併用投与は、忍容性があり一部の患者に臨床的な効果が認められることが明らかとなった。非無作為化オープンラベル多施設フェーズ1試験の結果、示されたもの。1月17日から19日まで米サンフランシスコで開催されたGastrointestinal Cancers Symposium(ASCO-GI2019)で、大阪国際がんセンターの井岡達也氏によって発表された。

アジア人の既治療進行胆道癌にデュルバルマブの単剤投与、tremelimumabとの併用投与が有効な可能性【ASCO GI2019】の画像

ログインして全文を読む