切除不能肝細胞癌(HCC)に対する1次治療として、レンバチニブ投与あるいはソラフェニブ投与にかかわらず、mRECIST評価で奏効が認められることが、全生存期間(OS)に関する独立した予後因子である可能性が明らかとなった。切除不能HCCに対するレンバチニブとソラフェニブの効果を比較したオープンラベル無作為化フェーズ3試験、REFLECTの結果をレトロスペクティブに解析し示された。1月17日から19日まで米サンフランシスコで開催されているGastrointestinal Cancers Symposium(ASCO GI2019)で、近畿大学の工藤正俊氏が発表した。

肝細胞癌への1次治療でレンバチニブ投与あるいはソラフェニブ投与にかかわらず奏効患者で生存期間が延長【ASCO GI2019】の画像

ログインして全文を読む