ファイザーは1月8日、第2世代EGFR-TKIであるダコミチニブについて、EGFR遺伝子変異陽性の手術不能または再発非小細胞肺癌(NSCLC)を対象に厚生労働省から製造販売承認を取得したと発表した。

第2世代EGFR-TKIダコミチニブがEGFR変異陽性NSCLCを対象に承認の画像

ログインして全文を読む