MSDは12月21日、抗PD-1抗体ペムブロリズマブについて、癌化学療法後に増悪した進行・再発の高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-H)を有する固形癌への適応拡大が承認されたと発表した。ただし、標準的な治療が困難な場合に限るとのしばりがついている。

抗PD-1抗体ペムブロリズマブが癌化学療法後に増悪したMSI-H固形癌に適応拡大の画像

ログインして全文を読む