若年乳癌患者において、両側もしくは片側乳房切除術は、乳房に対する満足度や心理社会的健康感、性的健康感といったQOLに影響する可能性があることが、患者報告アウトカムの評価で明らかになった。米国Dana-Farber/Brigham and Women's Cancer CenterのLaura S. Dominici氏らが、12月4日から8日まで米・サンアントニオで開催されたSAN ANTONIO BREAST CANCER SYMPOSIUM(SABCS2018)で発表した。

若年乳癌患者に対する乳房切除術は乳房温存術に比べてQOLに影響する可能性【SABCS2018】の画像

ログインして全文を読む