センチネルリンパ節生検(SNB)で転移陽性の早期乳癌患者において、腋窩リンパ節郭清(ALND)と腋窩の放射線療法(AxRT)による10年後の局所コントロールは良好かつ同等で、無病生存期間(DFS)や全生存期間(OS)にも差がないことが、欧州で行われたフェーズ3の非劣性試験EORTC AMAROSの長期追跡から明らかになった。リンパ浮腫はAxRTを行った患者で有意に少なかった。12月4日から8日まで米・サンアントニオで開催されているSan Antonio Breast Cancer Symposium(SABCS2018)で、オランダThe Netherlands Cancer InstituteのEmiel J. T. Rutgers氏が発表した。

センチネルリンパ節生検で転移陽性の早期乳癌では腋窩リンパ節郭清と腋窩の放射線療法による局所コントロールは同等【SABCS2018】の画像

ログインして全文を読む