エストロゲン受容体(ER)陽性HER2陰性原発乳癌患者に対する術前療法として、アロマターゼ阻害薬(AI)レトロゾールとCDK4/6阻害薬パルボシクリブを併用投与すると、レトロゾール単剤よりも14週時点で明らかに細胞増殖を抑制していることが明らかになった。英国と北米で行われた無作為化フェーズ2試験PALLETの結果示された。12月5日から8日まで米・サンアントニオで開催されているサンアントニオ乳癌シンポジウム(SABCS2018)で、英The Institute of Cancer ResearchのDowsett M氏が発表した。

ER陽性乳癌へのレトロゾールとパルボシクリブの投与はレトロゾール単独よりも有意に細胞増殖を抑制【SABCS2018】の画像

ログインして全文を読む