日経メディカルのロゴ画像

小児および若年成人の再発/難治性B-ALLへのCAR T細胞療法のアップデート結果でも高く持続的な効果【ASH2018】

小児および若年成人の再発/難治性B-ALLへのCAR T細胞療法のアップデート結果でも高く持続的な効果【ASH2018】の画像

 キメラ抗原受容体(CAR)発現T細胞を用いたCD19標的CAR T細胞療法tisagenlecleucelが、小児および若年成人の再発/難治性B細胞性急性リンパ芽球性白血病(B-ALL)に高くかつ持続的な効果を示すことが長期間の観察でも確認された。米国、カナダ、オーストラリア、日本、欧州の25施設で行われたフェーズ2試験ELIANAのアップデートの結果から示されたもの。12月1日から4日まで米・サンディエゴで開催されている米国血液学会(ASH2018)で、米University of PennsylvaniaのStephan A. Grupp氏によって発表された。

この記事を読んでいる人におすすめ