日経メディカルのロゴ画像

BRAF V600E変異を持つ再発・難治有毛細胞白血病にダブラフェニブとトラメチニブの併用が高い効果【ASH2018】

BRAF V600E変異を持つ再発・難治有毛細胞白血病にダブラフェニブとトラメチニブの併用が高い効果【ASH2018】の画像

 BRAF V600E変異を有する再発・難治性の有毛細胞白血病(Hairy cell leukemia)に、BRAF阻害薬ダブラフェニブとMEK阻害薬トラメチニブの併用が高い効果を持つ可能性が明らかとなった。BRAF V600E変異を有する9つの稀な腫瘍を対象に、併用療法の効果を評価したオープンラベル多施設フェーズ2試験ROARの結果示された。12月1日から4日まで米・サンディエゴで開催されている米国血液学会(ASH2018)で、米The University of Texas MD Anderson Cancer CenterのFarhad Ravandi氏によって発表された。

この記事を読んでいる人におすすめ