日経メディカルのロゴ画像

再発・難治性CLLへのCAR T細胞療法とイブルチニブの併用が効果を高め副作用を軽減する可能性【ASH2018】

再発・難治性CLLへのCAR T細胞療法とイブルチニブの併用が効果を高め副作用を軽減する可能性【ASH2018】の画像

 再発・難治性慢性リンパ球性白血病(CLL)患者に、CD19を標的としたCAR T細胞療法薬JCAR014を投与する場合に、ブルトン型チロシンキナーゼ阻害薬イブルチニブを細胞療法薬投与前から投与後の少なくとも3カ月併用投与することで、抗腫瘍効果が高まると同時に重篤なサイトカイン放出症候群(CRS)の発生を減らせる可能性が明らかとなった。JCAR014を投与したフェーズ1/2試験の結果をレトロスペクテイブに解析した結果、明らかとなったもの。12月1日から4日まで米・サンディエゴで開催されている米国血液学会(ASH2018)で、米Fred Hutchinson Cancer Research CenterのJordan Gauthier氏によって発表された。

この記事を読んでいる人におすすめ