東アジア人の1次治療に難治性、悪性度の高い非小細胞癌(NSCLC)に対しても、2次治療の標準療法であるラムシルマブとドセタキセルの併用が、プラセボとドセタキセルの投与よりも高い効果を示す可能性が明らかとなった。無作為化試験であるREVEL試験とJVCG試験の東アジア人データを、探索的にプール解析した結果示されたもの。11月23日から25日までシンガポールで開催されたESMO Asia2018で、国立がん研究センター東病院の葉清隆氏が発表した。

東アジア人の難治性、悪性度の高いNSCLCでもラムシルマブとドセタキセルの併用が高い効果の可能性【ESMO Asia2018】の画像

ログインして全文を読む